ごあいさつ

小林洋一  経歴紹介

皆さまこんにちは。
先代が小林病院を開業してから50数年が経過しました。開業当初より「地域に根ざした医療」を心がけた先代の思いを引き継ぎ、私は地域の皆さまが「ハッピーになる医療」を日々の診療の中で心がけております。

整形外科医の私は、主に「骨折」など突然のケガでお困りになる方や、「変形性関節症」などの病気でお悩みの方の治療を行なってまいりました。
様々な症状の患者さんが日々の診療やリハビリテーション治療を通して、回復される様子や表情が明るく笑顔になる姿を見て、

「痛み」や「不自由さ」から回復させるだけでなく、患者さんが『笑顔』になること、すなわち『ハッピーになること』これが真の治療目標になるのでは? と思うようになりました。

そこから「ハッピーになる医療」を心がけ、患者さんと真摯に向き合い、おひとりおひとりのハッピーを考えて診療を行うようになりました。
とだ小林医院に来たら『笑顔になる』、『ホッとする』、『身体も良くなる』そんな役割を地域の中で担い、地域の皆さまがハッピーに暮らしていくためのお手伝いをこれからもしていきたいと考えています。
健康に関してお困りのことがありましたら、何なりとご相談下さい。

院長 小林 洋一



a:1065 t:8 y:11