当院職員の新型コロナウィルス感染について

更新日:7月20日

当院理学療法士の新型コロナウィルスへの感染が判明して以来、当院所属の全職員を対象に順次PCR検査を実施してまいりました。
結果、全職員の陰性が確認されたことをご報告いたします。
また、全職員の健康状態を観察しておりますが、発熱や咳などの感冒症状もなく、新たな感染者も発生していないことから、院内での感染拡大は防ぐことが出来たと思っております。

患者様ならびにそのご家族様、また医療・介護の関係者各位の皆様には大変、ご心配とご迷惑をおかけしたこと改めて深くお詫び申し上げます。

また、蕨戸田医師会の皆様には格別のご配慮を賜りました事、深く御礼申し上げます。

今回、新型コロナウィルスへ感染した職員が当院より判明しましたが、日々職員一同が行っていた感染予防策の効果もあり、院内での感染拡大を防ぐことが出来たと思っております。
今後も職員一同、感染予防策をより一層徹底し、患者様が安心して診療を受けられる体制作りに努め、感染拡大防止に全力で取り組む所存であります。
今後とも、当院を何卒よろしくお願い申し上げます。

令和2年7月20日
とだ小林医院
院長 小林 洋一

更新日:7月18日

当院理学療法士の新型コロナウィルス感染が判明した際に、保健所より濃厚接触者と判断をされた患者様が4名いらっしゃいましたが、PCR検査の結果、全員の陰性を本日確認したことをご報告いたします。
患者様ならびにご家族様には多大なる、ご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

今後も職員一同、感染予防をより一層徹底し、安心・安全な診療に努め、感染拡大防止に全力で取り組んでまいります。

令和2年7月18日
とだ小林医院
院長 小林 洋一

更新日:7月16日

先日、ご報告させていただきましたとおり、
7月11日(土)当院リハビリテーション科所属の理学療法士1名が新型コロナウィルスに感染したことが判明しました。
当院リハビリテーション科には当理学療法士の他に理学療法士9名と助手1名が所属しておりますが、保健所から濃厚接触者と判断はされませんでした。

当院の方針として、感染拡大防止や安心・安全なリハビリテーションの提供体制を整えるため、7月11日(土)午後よりリハビリテーションの提供中止に加え、リハビリテーション科職員10名のPCR検査を順次実施いたしました。
結果、10名全員の陰性が本日確認されました事をご報告いたします。

現在、10名全員に症状(発熱や咳など)の発症はない事を踏まえ、管轄保健所と相談をさせていただき、中止していた、外来・訪問リハビリテーション及び5階リハビリテーション室での物理療法治療を7月17日(金)より再開することといたしました。

皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。今後も職員一同、感染予防をより一層徹底し、安心・安全な診療に努め、感染拡大防止に全力で取り組んでまいります。

令和2年7月16日
とだ小林医院
院長 小林 洋一


更新日:7月14日

当院において濃厚接触者と判断され、経過観察中である職員1名のPCR検査が行われました。結果、陰性と判明したことをご報告させていただきます。
当職員につきましては、保健所の指導もあり今後もしばらく経過観察の予定となっております。
皆様にはご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。

令和2年7月14日
とだ小林医院
院長 小林 洋一


更新日:7月13日

7月11日(土)当院リハビリテーション科の理学療法士1名が新型コロナウィルスに感染したことが判明いたしました。
当理学療法士は7日(火)に出勤後、夜から発熱症状がみられ、翌日から出勤はしておりません。
管轄保健所の調査により、当院においては介護支援専門員1名が濃厚接触者と判断され、現在経過観察中です。

当理学療法士は主に訪問リハビリテーション業務に携わっており、外来患者様との接触はないことと、全職員が手指消毒・マスク着用などの感染対策に加え、設備や機器の消毒を適切に行っていることから、外来診療は通常通り継続いたします。
なお外来・訪問リハビリテーション、5階での物理療法治療に関してはリハビリテーション科職員の感染がないことが確認されるまで、中止とさせていただきます。

この度は皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。

令和2年7月13日
とだ小林医院
院長 小林 洋一



a:880 t:3 y:5