整形外科

膝の再生医療(PFC-FD療法:PRP療法)

膝の再生医療で、膝の痛みを改善していきましょう。

PFC-FD療法とは、血小板に含まれる「成長因子」を活用するバイオセラピーです。
血小板が傷を治す際に放出する成長因子の働きを利用し、本来備わっている治癒力を高める治療法です。
変形性膝関節症、関節炎で様々な治療法を試している方、階段の上り下りで膝に負担がかかる方、
スポーツで関節を痛めた方、手術に抵抗感がある方などご相談ください。
手術を行わない注射による治療法なので、高齢の患者さんでも受けることが可能です。

とだ小林医院では膝の再生医療:PRP療法(多血血小板療法)を行っています。
PRP療法は、ご自身の血液から血小板を抽出し、膝の関節に注射します。
血小板は組織を修復する力があり、その血小板の修復力を活用した再生医療です。
アレルギーや副作用の心配がほとんど無い治療法です。
変形性膝関節症の症状を緩和、また進行を抑制することが期待されています。

PRP療法をご希望の方はとだ小林医院にお問い合わせください。
とだ小林医院副院長の小林慎一郎が外来でPRP療法のご説明を致します。
注射に関する効果、注意事項などのご同意が得られた方は、採血と膝への注射の予定を立てます。
製剤の生成にお時間がかかるため、初回注射は採血をしてから3週間後です。

当院のPRP療法の価格です。

PFC-FD療法 1回 165000円(税込)
PFC-FD療法 2回 198000円(税込)
 
保険診療対象外、自費診療です。
詳しくお話を聞きたい方は、お気軽にとだ小林医院までご相談ください。

PAGE TOP