内科

生活習慣病

生活習慣病は早期の治療介入が重要です。

生活習慣病は、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などの慢性疾患のことです。
生活習慣病は無症状のことが多く、病気が進むと様々な合併症を引き起こします。
特に、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)や心筋梗塞といった重篤な病気のリスク要因であり、早期の介入が重要です。

高血圧症
一番の原因は塩分を多く摂取していることです。
他に、肥満、飲酒、運動不足、ストレスなども原因となります。
日本人の高血圧症は約4300万人と推定されています。
早期の塩分制限などの生活習慣の改善が必要で、場合によって薬物治療が必要になります。

脂質異常症
脂質異常症(高脂血症)は、血液検査で、LDLコレステロールや中性脂肪が高いか、HDLコレステロールが低い病気です。
脂質異常症により、血管の動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞といった重篤な病気や、認知症などの原因にもなります。

糖尿病

PAGE TOP